18歳・19歳でプロペシア(フィナステリド)服用は可能?

本格的なAGA治療と言えばプロペシア服用になります。未成年の18歳・19歳でプロペシアは服用することができるのか?さらに言えば中学生の13歳、14歳、15歳、高校生の16歳、17歳、18歳はNGなのか?早い段階で抜け毛・薄毛に悩まされている方にとっては気になる疑問だと思います。

 

単刀直入に言えばプロペシアは未成年NGです。20歳未満の10代は医師にプロペシアを処方してもらえないのです。ザックリ言えば禁止されています。

 

実際に口コミ体験談で未成年のレポートは見当たりませんので、入手することはできないようです。また、何等かの方法で購入することができる場合でも副作用等のリスクを考えると服用はするべきではないでしょう。

 

未成年OKの薄毛対策とは?

 

10代の方は残念ながらプロペシアは諦めてください。大学生の18歳、19歳であれば数年経てば服用することができますが、それまでの薄毛対策にはどのような方法があるのか?まとめてみました。

 

※育毛剤、育毛サロンはAGA治療の効果はありません。あくまで頭皮ケアと考えてください。

 

未成年OK~育毛剤編

 

商材によっては20歳未満NGですが、未成年でも使用することができる育毛剤は多数販売されています。

 

なお、AGA治療に効果があると言われているミノキシジルが有効成分になっている育毛剤は未成年は使用できないので、注意が必要になります。親に買ってもらって、頭皮に塗るようなことは絶対に避けてください。

 

育毛剤は髪に喜ぶ成分が含まれていますので、10代の場合にはおすすめです。例えばセンブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHC、バイオポリリン酸など様々な種類があります。植物由来の有効成分や保湿成分など役割についてもいろいろありますので、自分の求める栄養によって選択するといいでしょう。

 

なお、育毛剤関連の商品には下記のようなものもあります。

 

  • スプレー系
  • シャンプー系
  • サプリメント系

 

注意が必要なのは商品の金額になります。初回料金は格安キャンペーン割引きになっているケースが多いので、負担が少ないのですが、定期コースにすると2ヶ月目から負担が重くなることも多いのが特徴的になります。実際に思っていたより高くて、支払うことができずに解約されている人も結構います。親に支援してもらうか、自分のアルバイトや稼ぎ代を考えて可能な限り2回目以降も低料金で購入することができる育毛剤がおすすめです。

 

未成年OK~育毛サロン編

 

育毛剤の場合は自宅で自分で使用するというのが基本になりますが、育毛・発毛サロンの場合は通うことになります。

 

育毛サロンの主な目的は頭皮ケアや頭皮環境の改善になります。こちらもAGA治療の根拠のある効果はありません。

 

代表的なサロンについては下記の通りになります。

 

  • アートネイチャー
  • バイオテック
  • アデランス
  • リーブ21

 

但し、基本的に未成年の場合は来店時に保護者同伴の条件付きであることが多いので、10代にとっての利便性は育毛剤の方が上ですね。

 

ちなみに具体的に何をするのか?気になりますよね?例えばバイオテックの場合ですとインド式チャンピサージ、100%天然ヘナケア、育毛ヘッドスパなどのリラクゼーションメニューが存在していて、抜け毛防止ケア・発毛促進ケアなどが目的になっています。ちなみにバイオテックには10代におすすめの「学生スカルプコース」が存在します。