ホーム
最新ニュース
メールが届きました
もっと知りたい田口壮
メジャー遠征紀行
田口壮の写真と画
ネット野球教室
スケジュールと成績
リンク集
広告のお問い合わせはこちらへどうぞ
     
 

広いアメリカを飛び回る田口選手がこれまで訪れた土地、そしてこれから遠征で訪れる街のエピソードをお届けします。


第2回 「レッドバーズの本拠地、テネシー州メンフィス」 
        & 「特別インタビュー」

Interview & Report---Kayo Noda

「メンフィスという街」

 テネシー州南西部、ミシシッピ川を臨む小さな街が、メンフィスのダウンタウン。田口選手がプレーするメンフィス・レッドバーズの本拠地、オートゾーンパークはその一角にあります。


 現在は郊外のキッチンつきホテルから通勤している田口選手ですが、

「前はずっとダウンタウンのホテルにいましたから、結構詳しいですよ。車で探索したら5分で終わっちゃいますけどね」

 でも、そのコンパクトさが、結構便利でお気に入りなのだそうです。ただし、

「特に夜は、メインストリートを外れられません」

 と厳しい表情です。確かに、栄えているのはほんの数ブロックだけで、正直なところ、なんだか灰色でさびれているという印象を受けます。

 もともとメンフィスは、南部で採取された綿の交易で栄えました。州境の街という位置関係で、交易のために集まってくる他州の商人たちの、それぞれの法律を調整するための法律事務所、そして銀行などが、多数ダウンタウンに集中していました。

 しかし、時代の移り変わりに伴って、ダウンタウンはいつの間にかかつての華やかさを失い、住宅や商業は、ミシシッピ川沿いを離れ、東へと発展し始めました。すっかり見捨てられた形となったダウンタウンは、一時はアメリカ国内でもワーストレベルに挙げられるほど犯罪率が上がり、ゴーストタウンと化してしまったのです。

 この状況を憂いた地元の富豪が、「ダウンタウンに再び人を呼び戻そう」と、いくつかのホテルを買い取り、新たにショッピングセンターを建設するなどして、メンフィス・ダウンタウンの再建に乗り出しました。政府もそれに協力して、街の清掃、整備に力を入れはじめました。その結果、メンフィスには再び観光客が多数訪れるようになったのです。「おかげで犯罪率もぐっと減りました」とは、地元の警官。「まだ中心部を外れると危ないところもありますが、ビールストリートを中心とした地域は、充分楽しめますよ」


ミシシッピー川に面するメンフィスの街

 
「ブルース、エルビス、そして映画・・・」

 ビール・ストリート、と言えば、メンフィスのダウンタウンを語るとき、絶対外せない通りです。オートゾーンパーク(レッドバーズの球場)から歩いて2分。道の両側にずらりと並ぶ、名物のBBQ(バーベキュー)レストラン、バー、そして、ライブハウスの数々は、夜になるといっそうにぎやかさを増します。田口選手も「BB KING」の店で、メンフィスの誇る実力派シンガー、ルビー・ウイルソンのライブを楽しんだそうです。

「ブルースの発祥の地ですから、音楽ファンにとってはレアなものがたくさん見つかるでしょうね。僕も迫力ある歌声に感動しました。」

 そして、エルビスプレスリー。彼の家・GRACELANDは、ダウンタウンからフリーウエイで15分ほどの「エルビスプレスリー・ブルバード」に今も残り、世界中からエルビスファンが訪れます。そのエルビスが初舞台を踏み、スターへの道を駆け上がっていったのが、ここ、メンフィスだったのです。

 さらに、知る人ぞ知るメンフィス名物は、映画。街並みが、数々の映画の舞台になっているのです。

「キャスト・アウエイ(トムハンクス主演。FeDex(フェデックス。管理人注:米国の国際宅配業者)の飛行機が墜落し、たどり着いた無人島から生還するというストーリー)にも出てきましたよ。FeDexはここが地元ですからね」

 その他、羊達の沈黙、ザ・ファーム、ゴーストバスターズなど、有名な映画のシーンに、メンフィスが登場するのです。


メンフィスのダウンタウンにあるオートゾーン・パーク

 こんなふうに、どちらかといえば芸術的な分野で知られているメンフィスですが、街の人たちは「それだけじゃない、NBAもあるし、何より野球があるよ!」と胸を張ります。今年で5年目を迎えるメンフィス・レッドバーズは、地元の人たちにとって誇りであり、楽しみの一つ。いつも大勢のファンが、赤い「M」の帽子をかぶって集まります。アメリカで唯一の「ノンプロフィット(利益を目的としない)」スポーツチームとして、収益はすべて街の子供たちのスポーツ事業などに貢献されています。

「球場の応援は、いつもすごいです。よく野球を見ているし、知っている。そして、声援、歓声も、的を得たシーンでちゃんと起こります。気持ちいいですよ。」

 たとえば見過ごされてしまいがちな、一見地味な、でも大切なプレーに、観客は立ち上がって拍手を送ります。それが田口選手は何よりも嬉しいとか。

 あるファンは言います。「ここにいる選手は、僕たちにとって誰もがかわいい。だからこそ、一日も早くここからいなくなってほしいんだ。メジャーで活躍する姿を見せてくれたとき、きっと、ああ、僕らのヒーローががんばっているとわくわくすることができるからね。ソウもきっとまたすぐにいなくなるだろう。寂しいけれど、僕らの応援が、一日も早く彼をセントルイスに連れて行ってくれるといいよね。あんなにすばらしい守備をする選手は、メジャーにだってなかなかいないよ!」



オートゾーンパークをバックに

 メンフィスからセントルイスまでは、車で約6時間の道のり。まっすぐ北上するフリーウエイ55の先には、カージナルスが待っています。再びの凱旋がいつになるかは

「誰にもわからない。でも、今学べることを全部吸収するだけ。」

という状態ですが、ここメンフィスが、田口選手が生まれて初めて暮らしたアメリカであり、アメリカ野球を初めて学んだ場所には間違いありません。どちらかというと不器用で、何かをつかむまでに時間がかかるという田口選手。でも、メンフィスで積み重ねた経験や思いは、近い将来、「メジャーリーガー・田口壮」の大切な礎となることでしょう。


「特別インタビュー・縁の下の力持ち」
メンフィス・レッドバーズ唯一の日本人職員・長谷川嘉宣(よしのり)さん

「長谷川君は、いまや家族の一員です。誰も知らない、何もわからないこのメンフィスにくることになった時、長谷川君がいてくれた、それがどれだけ気持ちを楽にしてくれたかわかりません。プレーそのものの部分では分野が違うので、直接助けてもらえないのは残念です(笑)が、その他の部分ではお世話になりっぱなしです。人の気持ちを深く察することができる、仕事のできる優しい男です。」


 田口選手がカージナルスとサインする少し前、オハイオの大学院でスポーツ経営学を学んだ一人の日本人が、メンフィス・レッドバーズのインターンとして採用されました。長谷川嘉宣さんは、京都出身の24歳。日本で大学を卒業後、大好きなアメリカのスポーツ、とりわけ野球に関わりたいと、オハイオに留学しました。卒業後、大学のネットワークなどを通じて、さまざまな球団に仕事を打診。「日本人が来るかもしれないメジャー球団で通訳をやったほうが、やりがいもあるのでは」という声もありましたが、「まずはアメリカ人の中でもまれる経験を重視したいから」と、あえてマイナー球団の職員としてキャリアをスタートさせたのです。その数ヵ月後、田口選手がカージナルスとサインしたと知った時は、本当にびっくりしたとか・・・。


メンフィス・レッドバーズで活躍中の長谷川さん

Noda  「田口選手がカージナルスに来るかもしれないという可能性は、ご存知でしたか?」


長谷川  「いえ、僕がここで働くことを決めた時は、田口さんはメジャー4球団、日本の2球団からのオファーを選択している時期でした。選択肢の中にカージナルが入っていたのは知っていましたが、まさかね、という感じ。まして、たとえカージナルスに決まっても、マイナーに来る事だけは絶対にないと思っていました。だから、決まったときは、3月の末の交流戦でお会いできるかもしれないと、楽しみにしていました。その後は毎日フロリダキャンプの様子をチェックして・・・」

Noda  「そうしたら降格が決まった・・・?」

長谷川 「あんな使われ方では結果も出せるはずがないだろう、という気持ちもありましたから、複雑でした。でも、こんなことを言っては失礼ですが、僕も、僕のまわりのアメリカ人も、メンフィスに落ちてもなお、田口さんがプレーしてくれるということは、純粋に嬉しかったです。できるだけのことをしたい、と思いました」

Noda  「それまでの田口選手の予備知識は?」

長谷川 「やっぱり、鉄壁の守備です。田口・イチローといえば、オリックスの売りでしたしね。あと、いい人だ、というのはよく耳にしていました(笑)」

Noda 「で、初対面ですね」

長谷川 「当時田口さんについていらした通訳の方のメンフィス入りが、都合で遅れてしまったんです。だから僕が宿泊先のホテルでお迎えすることになったんです。そしたら、田口さんのほうから僕を見つけて、笑顔で寄ってきてくれました。ペコペコ頭を下げながら・・・その姿が印象的でした」

Noda  「田口選手らしいですね」

 田口選手が通訳を持てたのは最初の一ヶ月だけ。その後、たった一人で奮闘する姿に、同じ経験を積んできた長谷川さんも、心を打たれたといいます。

Noda  「長谷川さんは、もともと英語は話せたんですか?」

長谷川  「留学の前は、スポーツの話では、ブロークンで盛り上がっていました。そうしてアメリカ人の友達を作ってきたんです。でも、今から比べれば4割も分かっていなかった。だから、今田口さんが自分から積極的に英語の世界に溶け込もうとしている姿は、苦労も理解できるし、すばらしいと思います。もっとも、日常会話にはまず支障がないので、そのへんは驚きました。でも、日本にいれば何の不自由なくいられる人が、わざわざここまで来て、さらに経験を積んで、前向きに進んでいる、というのが、とにかく一番の驚きでしたね」

Noda  「何か田口選手と出会ってから、印象的だった出来事、言葉などはありましたか?」

長谷川  「いろいろありますが・・・でもやっぱり野球観でしょうか。野球の話をたくさんさせていただけるので、勉強になります。中でも、「ファインプレーに見える守備は、ほんまはファインプレーとは言わない。難しいボールをそう見せないように、当たり前のように取るのが本当のファインプレーなんや」という一言ですね。実際、田口さんの守備は、メンフィスでも話題の的です。当たり前のような顔で、常に先回り先回りしてボールを取る。これが本物のファインプレーか、と」

 偶然の出会いから数ヶ月、今ではすっかり田口選手担当の「対日本のマスコミ専門広報」となり、長谷川さんの日々は忙しさを増しました。唯一日本語をしゃべれる職員というだけでなく、長谷川さんのこまやかな気配りや仕事ぶりに、日本のマスコミ関係者はずいぶん助けられています。そしてレッドバーズの管理職も、「ヨシ(長谷川さん)のおかげで日本のマスコミとのやりとりが実にスムーズで助かる。もっとも、忙しすぎてちょっと気の毒だけれどね」

Noda  「もともと、長谷川さんの肩書きはスタジアム・オペレーション。これは具体的にどんなお仕事ですか?」

長谷川  「球場管理、ということですが、主だったことは、球場を綺麗にすること。あとはグループセールスに関わったり、球場で行われるイベントの管理ですね」

Noda  「その本来のお仕事以外で、こうも忙しくなろうとは、思っていらっしゃらなかったでしょう?」

長谷川  「そうですね、まあ、いつかはメジャーの仕事もしてみたい、でもまずはマイナーで経験を積んで・・・と思っていたので、田口さんに関われたことは、ラッキーの一言です。日本のマスコミの方ともやりとりさせていただき、勉強になります」

Noda  「田口選手はもちろんですが、ここまで日本のマスコミが取材にやってくることになったのも、メンフィスの人々には驚きだったようですね。いまやレッドバーズは、日本で一番有名な3Aチームとも一部で言われています(笑)」

長谷川  「ほんとですね。もっともっと有名になって欲しいです。ここには日本のスポーツが見習うべきものが、本当にたくさんあります。確実に地域と密着している姿は、アメリカのスポーツそのものです。まだまだ3Aに対するイメージは、はっきり言って悪い(笑)。球場がぼろいとか、所詮はマイナーといった偏見があります。でも、マスコミの方が来てくださるようになり、見方が変わったとおっしゃる方もいっぱいいます。そういう部分での誤解が解けて、日本のファンの方が少しでもレッドバーズをはじめとする、マイナーリーグのよさを知ってくださると嬉しいですね」

 普段はユニフォームのポロシャツに身を包み、トランシーバーを片手に球場内を飛び回る長谷川さん。ファンが快適に球場を楽しめるかどうかに心を配る毎日です。グラウンド内での田口選手に直接関わることはありませんが、試合が終わった後は、兄弟のようなお付き合いで、田口選手の心を和ましているようです。「これまでに一番嬉しかったのは、やっぱり初めてメジャーに上がった瞬間に立ち会えたことです。田口さんとの偶然のかかわりで、僕の働き甲斐はまったく変わりました。アメリカ人には絶対できないことをやる、それが僕の心掛けていることです」・・・同じ異国で一から始めた、という点では、境遇も似ている二人。長谷川さんは、田口選手の情報を日本に届けてくれるマスコミの、影の立役者、というばかりでなく、笑顔の裏に隠された田口選手の苦労をもっとも理解しているひとりかもしれません。


 

 

 
   

ホームニュースとコラムメールもっと知りたいメジャー紀行ベストフォト野球教室日程と成績リンクサイトマップ

     
 

写真協力 St. Louis Cardinals / Scott Rovak / 報知新聞社 越川亘 企画・制作 Tentando Superabis, Inc.(TSI)

 
 
当サイト内に掲載されている画像および文章を無断で使用、転載、改変などすることはお断りいたします。 Copyright Tentando Superabis, Inc. 2001-2009, All Rights Reserved. ©